テレビ会議の利用で経営者のメッセージを伝える

###Site Name###

企業のトップは、定期的に自ら社員に対してメッセージを発信しなければなりません。それは今後の方針であったり経営戦略に関わるものかもしれませんが、とにかく社長自らが社員にメッセージを発信することが大事なのです。

そうすることで会社全体に社長の意思伝達がなされ、会社の結束は固まります。
しかし、メッセージはただ発信すればいいというものではありません。



内容の質もさることながら、どんな風に伝えるかという、伝え方にも注意しなければなりません。例えば、重要なメッセージを社員にバラバラに別々のタイミングで伝えるのは、あまりいい方法ではりません。なぜなら、意思伝達の後の会社の結束した行動が遅くなるからです。

むしろ、同じメッセージを一度に全社員に伝えてこそ、業務のスピードを上げることができます。



また、社員の意欲の向上といった観点からも、社長が社員ごとにメッセージを発信するのではなく、一度に全員に発信したほうがいいでしょう。



それにしても、全社員に同じメッセージを一度に伝える方法などあるのでしょうか。


テレビ会議の導入はそれができる効果的な方法です。


インターネットの回線を使って離れた場所にいる人間とも会議ができるようになるインフラがテレビ会議ですが、これを用いると、まさに一つのメッセージを同じタイミングで全社員に伝えることができます。
なぜなら、会社のどこにいても、あるいは地方にいても、回線で繋がったテレビさえあれば、それ見てメッセージを受け取ることができるからです。経営者のメッセージをダイレクトに同じタイミングで全社員に伝える方法として、テレビ会議ほど有効なものはありません。